ルールを作る

タバコをくゆらす女子

仕事をするというのは、まずはその手順やノウハウを覚えることから始まります。どのような仕事であってもそれは利益につながることなのですからすでに確立された仕事法があるのであれば、それをまず修得することから始まりますね。
しかしコンパニオンとなると接客業で、しかも飲食店の接客なんかよりももっと濃い内容になります。お客さんと一対一で話をする機会ももちろん多くありますし、その時の会話の内容を充実させるというのもコンパニオンのつとめです。だからこそ基本的な仕事のマニュアルを熟知するという他に、自分のなかで仕事のマニュアルを用意しておく必要があります。
これに関しては、自前でノートなどにまとめてみるのもいいですし、会話のパターン的な感じで自分のなかで定型文のように覚えておくというのも有効な手段だと思います。後者の場合はある程度仕事に慣れたじょうたいで、余裕が出てこなければ記憶はしていてもなかなか実践まで持って行くことが出来ませんから、まずは余裕を持つということから始めたほうが良さそうですね。
他にも笑顔で常に接するというような基本的な部分も見落としがちになるものです。笑顔というのは自分が意識していなければ作ることは出来ません。おかしくて仕方がない時は別の話ですが、やはり接客には愛想笑いというのもときに必要になるものなのです。
自然な笑顔が接客で出せるように、日頃から意識しておくというのも重要だと思いますよ。

お酒の席というのは非常に盛り上がるものですよね。普段とは違う雰囲気でお酒と美味しい料理を楽しみながら色々なことを話す。普段とは違うその浮かれた雰囲気は、仕事の疲れであったりストレスなどをふっとばすかのな効果があります。たまにある宴会には是非とも参加したい!そう考えている人も多いことでしょう。
そしてコンパニオンの求人は、その宴会の場に華を添える役割を担う人を募集するものです。この華を添えるというのは飲み会の席に女の子の可憐な要素を加えると言うもの。もちろんコレはたとえなので可憐だからといっておしとやかに振る舞う必要はないのです。
どちらかと言えば宴会というのは、大きな盛り上がりを見せるばでもありますので、一緒にお酒を飲んで楽しみながら様々な気遣いをするということが重要になってきますね。コレは仕事とプライベートがごっちゃになってしまう可能性がありますし、お酒も飲むので意識が揺らぐ可能性もあります。ですから飲酒が全くだめ、少しのお酒でふらふらになってしまうという人は、あまりおすすめできる仕事ではありません。
そして何よりコミュニケーション能力は必ずと言って言いほど問われます。お客さんと話をして自分の鼻しも交えながら会話を楽しい物にするちから、これが非常に重要になってくるのです。少し話が苦手だな・・・と思う程度であれば仕事をしているうちに慣れてきてどんどん喋れるという場合もありますよ。